ビデオを編集しよう!

トレースの自動編集は簡単な3つのステップ゚で可能となります。

Step 1

ステップ1

カメラとトレースを同期

セッションにでかける前にGoProとスマートフォンを接続し「GoPro Sync」ボタンを押し、Traceスノー又はサーフを選択します。

Step 2

ステップ2

マック版トレース専用アプリ又は、Dropboxにあなたの映像をアップロード。

マック版トレース専用アプリを使用するか、ウィンドウズならばトレースアプリ経由でドロップボックを使用し、撮影した動画ファイルをアップロードします。

Step 3

ステップ3

あなたのビデオを共有

あなたの新しいビデオクリップが自動的にあなたのトレースページにアップロードされ、簡単に共有可能になります。

マック版トレース専用アプリをダウンロードするかDropboxに接続

あなたの生の映像をアップロードするには、マック版トレース専用アプリをダウンロードする必要があります。又は、Dropboxにあなたのトレースアカウントを接続することで、Dropboxアプリに映像をアップロードすることができます。

マック版トレース専用アプリをダウンロード:

Download the Mac app 今すぐダウンロード

Dropboxにトレースアカウントを接続:

GoProとの同期

GoProのWiFiをオンにして、スマートフォンで認識。その後、アプリで同期させます。

セッションの前にあなたのGoProを同期する方法:

GoPro以外の撮影機材との同期

GoPro以外の機材で撮影する場合、アプリ内の時刻に合わせてパフォーマンスデータを動画に挿入するため、秒単位で正確な時刻調整が必要です。以下の動画をご覧ください。

セッションの前にカメラを同期する方法:

マック版トレース専用アプリで映像を編集する方法

マック版トレース専用アプリを立上げ、撮り貯めた動画ファイルをドラッグ&ドロップします。アプリが自動的に識別し、波、RUNをカットし、色や速度を補正しデータへクリップとして追加されます。

それらがどのように作動するかを確認するには、以下のビデオをご覧ください:

Dropboxに映像をアップロードする方法

もしDropboxにあなたのトレースアカウントを接続していればDropboxに生の動画ファイルをアップロードすることができます。もし接続していない場合は、Dropboxにトレースアカウントを接続しましょう。

トレースアカウントを接続し終えたら、次にトレース同期フォルダに生の動画ファイルをドラッグ&ドロップし、自動編集がスタート。

開いているブラウザウィンドウに動画ファイルをドラッグ&ドロップするだけでOKです。

Upload to Dropbox

あなたのビデオを表示する方法

ファイル容量によりけりですが、10から30分ほどで自動編集は完了となります。トレースが終了した後、全てのクリップ・リンクをメールで送ります。又、クリップ・リンクは、アプリ(トレースサーフまたはトレーススノー)の「私」のセクションの下に表示されます。

あなたのビデオを共有する方法

映像がすべて個々の波、RUNにカットされた後、簡単にFacebookやYouTubeのSNSで共有することができます。

あなたのビデオを共有したいソーシャルメディアをクリックします:

Share your videos
© 2016 AlpineReplay, Inc. All Rights Reserved