さあ始めよう!

使用しているスマートフォンのOSに応じて「Google Play」または「App Store」で、「Traceup Surf」と検索をすると、サーフ用かスノー用のアプリが見つかります。

ボックス内側の指示:

サーフ用トレースアプリ又は、スノー用トレースアプリのいずれかをダウンロードしたら、アプリ内のチュートリアルに従ってください。トレースの様々な使用方法や、あなたのスマートフォンにトレースをペアリングする方法を説明します。

トレースの取り付け方法

まず、接地面となるノーズエリアをキレイにします。そしてトレース本体を取り付けるための土台となるマウントを取り出し、描かれた矢印の尖った部分をノーズに向けます。マウントの裏についた粘着テープを剥がし、しっかりとボードに固定。マウント固定後は、乾燥させるために24時間、水につけずに放置しておきます。

サーフボードへの取付け方:

スキーへの取付け方:

スノーボードへの取付け方:

リーシュテザーを使用することをお勧めします。

安全のために、マウントにテザーを添付することができるリーシュアイレットがあります。スキーやスノーボードでの使用では、リーシュを取り付けることをお勧めします。

Leash Tether

トレースの使い方

ボード上にマウントし、水につけずに24時間放置したら、トレースを使用する準備が整いました!あなたのセッションを追跡するため、以下の手順に従って下さい:

Step 1

ステップ1

サイドボタンをオンにします。

サイドボタンを押して起動します。黄色いランプ点灯時は、GPSシグナルを検索中です。GPS信号を検索するので野外で行って下さい。

Step 2

ステップ2

トレースが青色に点灯するのを待ちます。

しばらく待って青いランプが点灯したら、パフォーマンスデータ測定準備完了のサインです。

Step 3

ステップ3

再びサイドボタンを押して青色に点滅すれば、データ測定中のサインです。

青いランプが点灯してからボタンを押し、青いランプが点滅すればデータ測定中のサインです。サーフィン、スキーやスノーボードに行きましょう。

Step 4

ステップ4

もう一度サイドボタンを押せば、測定は中止されて青色が点灯状態となります。

セッションが終われば「NEW SESSION」へ進みましょう。

セッションをアップロードする方法

セッションを終え、「NEW SESSION」に進むと、通常ならばトレースとスマホがペアリングしているはずです。もしペアリングしていない場合は「“Have a Trace? Pair Now”」ボタンを押し、Bluetoothをオンにしましょう。

すでにペアリングしている場合、以下のステップ1の画面が表示されるはずです。あなたのセッションをアップロードする手順は、次の通りです。

Step 1

ステップ1

画面中央の数字をタップすると、データのアップロードが開始されます。

アップロード時間は、セッションの時間に応じて異なります。

Step 2

ステップ2

セッションについて教えてください。

アップロード時、写真を加えたり、乗っていたボードの情報を追加することができます。

Step 3

ステップ3

統計データを表示するには、青いバーをタップします。

アップロード完了後、ステップ3の最上段にある青いバーをタップすれば、データのチェックが可能です。

セッションのデータを表示する方法

セッションのアップロードに成功すれば、すべてのセッションのデータを表示することができます。

あなたの統計データを確認します:

統計データをSNSで共有しよう。

簡単に友達と「SessionShee」をSNSで共有することが出来ます。

インスタグラムで共有:

フェイスブックで共有:

テキストを経由して共有:

トレースの充電方法

トレースの充電はUSBケーブルを使用します。フル充電にはおよそ2時間かかります。ケーブル接続後、充電中は緑のランプが点滅し、充電が完了すると緑のランプが点灯となります。

あなたのトレースを充電する方法:

© 2016 AlpineReplay, Inc. All Rights Reserved